奈良の紅葉の名所は、京都のような混雑にならないので、おすすめなんです。

奈良の古刹 室生寺と長谷寺は紅葉の期間どちらも素敵です。

室生寺と長谷寺は、直通の臨時バスも出ています。

どちらも、紅葉以外でも桜の名所でもあるので桜の葉が色づく10月下旬も以外とおすすめです。

五重塔と紅葉の2つのです。写真を比べるのも旅の思い出として楽しいです。

室生寺は紅葉のシーズンにはライトアップもされ、幻想的な姿を見せてくれますし、

長谷寺の山全体が色づく紅葉も素晴らしいです。

長谷寺と室生寺の紅葉の見ごろや特別拝観、ライトアップの撮影ポイントや所要時間、アクセスなどご紹介します。

スポンサードリンク


長谷寺と室生寺の紅葉の見ごろと特別拝観2018、所要時間とアクセス

長谷寺と室生寺の紅葉の見ごろ

例年の見ごろは11月中旬から12月上旬ですが、
長谷寺も室生寺も桜の木も多いので、特別拝観の始まってる10月中~下旬は人も少ないので、ゆったりと秋を楽しめます。

長谷寺の、満天星躑躅(どうだんつつじ)、山法師、花水木の葉等の紅葉も素敵です。

長谷寺と室生寺のライトアップ

長谷寺では、紅葉シーズンに1.2度ライトアップを行うときもあるのですが、基本ライトアップはありません。

室生寺はライトアップを行います。

室生寺はライトアップの日程や時間

日程は11月10日(土)、11日(日)、16日(金)~18日(日)、22日(木)~25日(日)の9日間です。

時間は17時から20時までの間
入山は19時30分まで。
入山料は大人500円 小学生300円です。
※ライトアップ中はお堂の拝観はできません。

室生寺はライトアップ中のイベント

17日:室生神楽保存会による獅子舞 18時~
18日:室生龍穴太鼓による太鼓の演奏 18時~
23日:混声合唱団コーロGUIによるコンサート 17時30分~
いずれも鎧坂下の広場(雨天の場合は中止または場所の変更)
23日~25日までの間はライトアップを行っている場所で子供が楽しめる宝探しナイトウォークのイベントもあります。

長谷寺と室生寺の特別拝観 2018秋

長谷寺の特別拝観 2018

本尊大観音尊像(重文)秋季特別拝観は
10月13日~12月2日
9時30分~16時(特別拝観料 1,000円/入山料別途中学生上500円)

特別拝観は観音様の足元まで行けるので、ちょっと感動します。

長谷寺のもみじ祭りも特別拝観と同じ日程で10月13日~12月2日です。
11月3日(土)9:30~もみじ茶会(先着500名無料接待)
11月24日(土)13:00~津軽三味線奉納コンサート
等のイベントもあります。

室生寺の特別拝観 2018

金堂諸仏特別拝観(国宝 釈迦如来像・十一面観音像その他や金堂の重文の諸仏)
10月6日~12月2日 9時~15時(特別拝観料 400円/入山料別途中学生以上600円)

室生寺 紅葉まつりも特別拝観と同じ日程で
10月6日~12月2日

長谷寺と室生寺の紅葉の所要時間

長谷寺の紅葉の所要時間

長谷寺は、山門を入ってから300段以上石段のある回廊が
まずあり、境内が結構広いです。
足が丈夫で、もし、特別公開などを見ないようなら
1時間ぐらいでも拝観できますが、
紅葉の時期は特に長谷寺の境内をゆっくり散策してほしいです。

特別公開も含めて、2時間でもぎりぎりです。

参道を歩くのも楽しいので、名物の草餅などを食べながら参道のお店を楽しみたい場合は3時間程度は予定しておきましょう。

室生寺の紅葉の所要時間

室生寺も見どころ満載のです。
奥の院まで行かずに五重塔までの拝観なら40分~1時間。

奥の院まで回る場合は、往復40分ほどかかりますので、50分くらいは見ておきましょう。
奥の院を入れると、参道もうろうろして2時間程度です。

※こちらの所要時間は、あくまで目安の所要時間です。

長谷寺と室生寺の紅葉の撮影ポイント

長谷寺と室生寺、それぞれおすすめの撮影ポイントがあるので、お見逃しなく。

長谷寺の紅葉の撮影ポイント

本堂舞台より五重塔を望む景色

本堂東側から、内舞台の賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)の像が浮かび上がります。
紅葉の時も、青紅葉の時も素敵です。

本坊の猩々野村(しょうじょうのむら)が床に写る景観。

猩々野村とはオオモミジ系の大葉の紫葉品種です。

そして、長谷寺といえば登廊です。

観光客のいない登廊の写真を撮影したい方にお勧めは、朝のお勤めに参加することです。

お勤めは通常の参拝の時間の2時間前に始まり、30〜1時間で終わります。
通常の参拝の時間になるまでは人のいない登廊の写真も撮影でき、参拝客の少ない長谷寺をゆっくり味わえます。

スポンサードリンク


室生寺の紅葉の撮影ポイント

太鼓橋と表門や、国内で2番目に古い五重塔は定番ですが、

室生寺の紅葉の撮影ポイントで、忘れがちなのは、下の写真にあるように
本堂である潅頂堂(かんじょうどう)の前にある池への映り込みです。

長谷寺と室生寺の紅葉へのアクセス

長谷寺へのアクセス

桜井市初瀬731-1

近鉄 長谷寺駅 徒歩15分

有料駐車場:70台
中型・大型バス 2,000円、マイクロバス 800円、普通車 500円、単車 200円
※お身体の不自由な方に、門前駐車場⇔本堂間の無料送迎を承っております。

⇒長谷寺への車でのアクセスや駐車場についてはこちらをご覧ください

室生寺へのアクセス

宇陀市室生78

近鉄室生口大野駅から室生寺行きバス終点下車徒歩5分

室生寺行きバス
運賃 大人(片道)430円
所要時間 約14分

秋には臨時バスも出されています。
⇒奈良交通のホームページ

臨時バスが出ていても、バスの本数が少なく、土・日祝日のみ運行の臨時バスもありますので、確認してください。

8:30~17:00/4月1日~11月30日、9:00~16:00/12月1日~3月31日

長谷寺と室生寺の直通臨時バス

紅葉で人気の2ヶ寺を結ぶ直通臨時バスが期間限定で運行されています。

11月10日~11月25日の土・日祝日のみ運行
⇒長谷寺と室生寺の直通臨時バス

所要時間 約45分、料金は830円です。

近鉄を使用した場合
長谷寺駅⇒11分⇒室生口大野⇒20分⇒室生寺:400+430=830円
と料金は同じ設定なんですね。

時間が合えばおすすめです。

長谷寺と室生寺の移動手段と所要時間

長谷寺は近鉄駅から徒歩で行けます。
が、室生寺は近鉄バスを利用するので

長谷寺と室生寺の移動は臨時バスを使うのが便利です。

また、タクシーなら40分程度・7000円程度です。

もしくは、大和八木でレンタカーを借りて、廻ることもできます。
1日なら5000~6000円、関空への乗り捨てでも8000~9000円なので、旅行の日程によってはレンタカーもありですね。
⇒レンタカーを借りるなら大和八木からがおすすめです

また、観光の拠点を大和八木駅にすると、奈良・京都と談山神社や明日香・吉野・天河などとの組み合わせをすることもできます。

⇒駅前の市役所の上にある新しいホテルもあります

宿泊しない場合も、コインロッカーを利用するのも大和八木駅が便利です。

スポンサードリンク

コメントを残す