キトラ古墳壁画が重要文化財に指定されました。

指定されたのは、東壁、西壁、南壁、北壁、天井の計5面の壁画と、木棺の飾金具や刀装具などの主要な出土品だそうです。

キトラ古墳壁画はキトラ古墳壁画体験館 四神の館で見ることができます。

ただ、現物の壁画は、期間限定の公開なので、いつでも見られるわけではありません。

また、公開時もすべての壁画や天井画が見られるわけではないので、壁画が目的の場合はご注意ください。

壁画が公開されていなくても、キトラ古墳壁画体験館 四神の館は地下に原寸大石室模型や、キトラ古墳や壁画、発掘作業などなかなか興味深い展示があります。しかも、無料で利用できます。

キトラ古墳&四神の館を中心とするこの一帯は、キトラ古墳周辺地区として整備されています。
美しい自然環境のなかで飛鳥に関わる農体験やクラフトなどのプログラムやイベントなども開催されています。

スポンサードリンク


キトラ古墳壁画の公開日程や四神の館のランチのおすすめ

キトラ古墳壁画体験館 四神の館

1階がキトラ古墳壁画保存管理施設で
実物の壁画や出土遺物を保存管理する施設となっています。
実物の壁画は年4回、期間限定で公開されます。

展示室からは、壁画を収蔵した状態で見学することができ、キトラ古墳の発掘調査で出土した遺物も展示されています。

地下1階の展示室は、キトラ古墳やキトラ古墳壁画を分かりやすく、楽しく学べる施設になっています。

キトラ古墳壁画を見る場合は

キトラ古墳壁画は予約制です。

地下1階が受付になっているので、受付をすると入室証を渡されます。
入室証を首から提げて1階へ。時間になると展示室に入れます。
見学時間は10分程度で、出口でアンケートを記入という流れになります。

事前にインターネット又は往復はがきによる応募が必要ですが、空きがあると入れますので、受付で聞いてみるといいと思います。

公開の1か月ほど前に特設ページが設置されます。

キトラ古墳壁画の公開日程

第10回 平成31年1月19日~2月17日

通常の公開時間は9:30~17:00です。
今までの公開日と公開内容を整理しておくと

第9回 2018.9.22(土)―10.21(日) 西壁(白虎他)、天井(天文図)
第8回 2018.7.21(土)―8.19(日) 南壁(朱雀)
第7回 2018.5.19(土)―6.17(日) 東壁(青龍他)
第6回 2018.1.20(土)―2.18(日) 北壁(玄武)
第5回 2017.9.23(土)―10.22(日) 西壁(白虎他)、天井(天文図)
第4回 2017.7.15(土)―8.13(日) 南壁(朱雀他)
第3回 2017.5.14(土)―6.11(日) 東壁(青龍他)
第2回 2017.1.22(土)―2.19(日) 北壁(玄武他)
第1回 2018.1.22(土)―2.19(日) 南壁(朱雀他)、西壁(白虎他)、天井(天文図)

キトラ古墳壁画には四神が描かれています

キトラ古墳壁画には四方四神と十二支並びに天空の天文図が表現されています。
高松塚では滅失している朱雀が良好な状態で残っていたことは貴重で,天井の天文図も東
アジア最古例として極めて重要な遺例である。我が国の絵画史の幕開けを飾る重要作例である。

キトラ古墳壁画大きさ

東壁 青龍他 縦112.1㎝ 横203.7㎝
西壁 白虎他 縦112.8㎝ 横204.2㎝
南壁 朱雀他 縦95.7㎝ 横72.8㎝
北壁 玄武他 縦112.2㎝ 横105.7㎝
天井 天文図他 縦105.8㎝ 横169.3㎝

先に発見された高松塚古墳もキトラ古墳も被葬者は特定されていません。
が、
キトラ古墳の被葬者が高市皇子の可能性があると知って、がぜん関心が高くなりました。

⇒天上の虹には持統天皇を支えた高市皇子等も登場します

四神の館のランチのおすすめ

四神の館にはレストランもカフェもありません。飲み物の自動販売機はありますが。

天気のいい日なら、外で食べても気持ちいいので、飛鳥駅の道の駅や、駅周辺のコンビニで購入しておくのもいいかもしれません。

飛鳥駅の近くなら

セブン-イレブン 明日香御園店

高市郡明日香村御園69−1

飛鳥駅から6分ほど南

車なら、石舞台の方にことだまなど人気のカフェもありますが、
歩いていく場合は、飛鳥駅周辺なら

コッコロカフェ

女性好みのカフェです。
高市郡明日香村御園137‐1

飛鳥カリーカフェ

高市郡明日香村越11番地4 飛鳥駅前ロータリー内

ひだまりcafe あすか

高市郡明日香村越17 ペンション飛鳥 1F

一源庵

亀の皿に盛り付けられている熱盛りの蕎麦「亀蕎麦」が人気のお蕎麦屋さん
高市郡明日香村御園9-2

などがあります。

おすすめは、駅から10分ほどかかりますが

せんBa~づる

高市郡明日香村檜前55

日替わりランチ1200円
特大海老フライプレート1900円
唐揚げ定食850円
お子さまランチ650円
日曜日が定休日で
ランチは11:30~2:00までです。

他に

壺阪山駅周辺なら

やまと吉永

土佐街道沿いにある古民家を改装したなかなか雰囲気のあるお店です
高市郡高取町観覚寺1433

のこのこカフェ

高市郡高取町上土佐57

茶寮花大和

高市郡高取町清水谷1064

駅から20分ほどかかりますが
薬膳ってこんなに美味しい物なのかとびっくりしました。
予約しておくことをお勧めします。

⇒奈良の薬膳料理 高取町の花大和のメニューやアクセス お味は

スポンサードリンク